意外と使いやすい!アタッシュケース再考

 最近は、ビジネスバッグも随分とカジュアルなものが多くなった。ナイロンなどの軽量な素材を駆使したカバンは、安価で頑丈と確かに便利。また、たとえ革製でも、軽さに拘ったものや、プライベートで使っても違和感がないほどにカジュアルなデザインのものなどが多い。

 しかしながら、こうしたバッグはその利便性やデザイン性の反面、「ビジネスアイテム」としての重厚感には今ひとつ欠けるのも事実。やはりビジネスを戦いぬく男のアイテムとしては、現代においては「古風」とも言える、重厚感溢れるカバンは魅力的だ。

 そんなわけで今回取り上げるのはこちら。最近はすっかり見かけなくなってしまった、アタッシュケースだ。・・・そういえばこれ、結局「アタッシュケース」と「アタッシェケース」、どちらが正しいんだろう・・・まぁいいか。

写真 2014-05-21 16 16 58

・書類を守る「覚悟」を感じさせるような、このオーラ。


 なんといってもこの重厚感である。美しい「箱型」のスタイルは、近頃の柔らかなビジネスバッグにはない、ビシッとした存在感を放つ。ビジネスで扱う大切な書類も、しっかりと守ってくれそうな、そんなオーラである。比較的カッチリとしたスーツスタイルには、間違いなくこういう鞄が似合うと思う。

 そしてこの留め金がまた、たまらない。ボタンをスライドさせれば、「バチン、バチン」とこれまた重厚感のある音を奏でる。閉めると、「ガチャリ、ガチャリ」と、確かな手応え。ジッパー式のカバンでは決して味わうことのできない感覚である。鍵付きなのがまた良い。「絶対に書類を守る」という覚悟を感じさせるかのようなディテールだ。

写真 2014-06-03 13 15 53

・使い勝手も意外といい


 アタッシュケースを最近見かけなくなった大きな要因として、「使いにくい」というイメージがある、というのは大きいのではないかと思う。しかし実際のところ、少なくとも私は、こうした「古風な」アタッシュケースも、十二分に使いやすいものであると感じている。

 まず、構造上開口部がきわめて大きいため、内部のものを取り出しやすい。この「開口部の大きさ」ゆえに内容物の整理がしやすく、ケース内を綺麗な状態に保ちやすいというのも、大きなメリットだ。私のようなだらしのない人間だと「鞄の底に要らないものが溜まってゴチャゴチャに・・・」な〜んてみっともない経験をしばしばしているだけに、これは重要なポイント。

 また、大抵のアタッシュケースではフタ側にちょっとした書類や小物を入れられるようなポケットがついている。パンフレットなどに限らず、iPadのようなタブレット、MacBook Airのような薄型ノートパソコンくらいなら収まってしまうものも多い。こうした機能面においても、決して最近の一般的なビジネスバッグにも劣らないと思う。

・やはりデメリットも


 そうは言っても、やはりデメリットもある。

 まず、その重さ。最近のビジネスバッグは、軽いものだと800gやら900gやら、1㎏を下回る重量のものも多い。しかしアタッシュケースは、私のもので2㎏弱。お世辞にも軽いとは言えない。この点は、アタッシュケースならではの重厚感とトレードオフ、と思うしかないだろう。

 また、内部構造も基本的に「箱」であるがゆえに、小ぶりなものを入れると、持ち運ぶうち、どうしても中で暴れてしまう。この点は、いわゆる「インナーバッグ」、つまりバッグの中に入れるバッグを使えば解決する。私が使っているものは、無印良品にて1000円ほどで購入したもの。この中に印鑑やら充電器やら薬やらといった、こまごましたものを入れて使っている。

写真 2014-05-30 18 51 54

・流行らないかなぁ、アタッシュケース・・・


 と、いうわけで。色々と書いてきたが、アタッシュケースならではの重厚感はこの上なくビジネス向きだと思うし、なによりカッコいい。もし最近のペラペラしたビジネスバッグに満足いかない方がいらっしゃれば、是非ともアタッシュケースに挑戦してみて欲しい。あぁ、流行らないかなぁ、アタッシュケース・・・。