ハイテク素材も紳士の嗜み?TUMIのキーケース

 私が愛用している小物は、木だとか革だとか、天然素材のものが多い。天然素材の最大の魅力は、なんといっても「使い込むほど味が出る」ということ。時を経るにつれ、しっとりと馴染み、より深い色合いになり、傷さえも美しく感じられる、そんな「育てる」愉しみは、他では味わえない。

 しかし、だからといって「天然素材こそが絶対的正義である!」という訳でもない。「天然素材」とはある種対極に位置する「ハイテク素材」にも、なかなか魅力的なものはあるのだ。今回ご紹介するのは、そんな「ハイテク素材」の魅力を教えてくれたこの逸品。

 TUMI(トゥミ)バリスティックナイロン製キーケースである。

・5年の歳月を感じさせない強靭さ


 これは確か5年ほど前に、クリスマスプレゼントとして頂いたもの。いまもバリバリの現役で、毎日持ち歩き愛用しているキーケースである。黒いシンプルなデザインが使いやすい。縁取りは(おそらく)レザー。

 バリスティックナイロンというのは、要するに「超頑丈なナイロン」らしい。なんでも通常のナイロンの5倍の強度を持つそうで、防弾チョッキにも使われている素材なのだとか。ということはこれを胸ポケットに入れておけば、ヒットマンに狙われても命拾い・・・できないか、流石に。

 実際使い込んでみたからこそ断言できるが、この素材、確かに恐ろしく丈夫である。5年に渡りポケットへとガシガシ突っ込まれていたのに、ほつれの一つも見当たらない。よく見れば「TUMI」のロゴが少し禿げてきているものの、パッと見で分かる変化はその程度。

 「使い込んでより味わいが・・・」といったことはまるでないが、逆に「使い始めの時とほぼ変わっていない」のだ。天然素材の「変化する魅力」はなくとも、ハイテク素材ならではの「変化しない魅力」というのも、なかなかに面白い。

・まさしく「適材適所」なつくり。


 内側は革張りになっており、鍵をソフトに包み込んでくれる。うむ、こういう「素材の合わせ技」は大好きである。全部ナイロンでは色気がないが、こうして適材適所なつくりにすることで、モノとしての魅力と強度を両立している。

 しいて残念な点を挙げると、それは金具の強度。じつは私のキーケース、上の画像をご覧いただければ分かるように、一番右の金具が外れてしまったのだ。販売店に問い合わせたところ、これを直すとなると新品が買えるくらいには修理費がかかってしまうようで・・・現状これで困っているわけでもないので、当面はこのまま使うつもり。

 アレコレと書いてきたが、このキーケースは本当に出来がいい。シンプルなデザイン、長く綺麗に使える強度、素材の使い分け・・・これらが非常にハイレベルにまとまっている品だ。「長く愛用できる品」にも色々あるんだなぁ。今後とも、末長く活躍してくれますように。