ベルト交換で「自分仕様」。Seiko 5を愉しむ

 安価な時計だって、楽しく遊べるんです。

 腕時計の世界というのは、実に奥深い。多種多様な機能、デザイン・・・ステータス性まで考え出したら、本当に底無し沼である。おかげで、時計を趣味にしようと思ったら、とんでもなくおカネが掛かりそう・・・なんで思っておられる方も少なくないのでは。

 確かに、高級時計というのも面白い世界ではある。しかし、「楽しめる時計」というのは、必ずしも高価とは限らないのだ。そんなわけで、今回ご紹介するのはこちらの時計。「SEIKO5Sports(セイコーファイブスポーツ)」だ。

・流石は日本の技術力。脅威のコスパ


 SEIKO 5というのは、いわゆる「機械式時計」。要するにゼンマイ駆動の時計である。殆どの高級時計が機械式時計であることからも分かるように、機械式時計というのは比較的高価であることが多い。・・・まぁ、最近は雑貨店などで安価なものも見かけるが・・・こういうのはすぐ壊れるし、正直使い物にならないのだ・・・。

 しかしこのSEIKO 5 Sportsは、たいてい2万円以下で買える。最もシンプルなSEIKO 5なら、5000円程度で手に入ってしまうことも。細部の仕上げなどは値段なりの部分もあるが、それにしても、マトモな機械式時計としては破格のお値段である。なおかつ、精度も十分に実用レベル。まったく日本企業の技術力というのは恐るべきものである。

・ベルト交換で自分らしく!

 この時計のこだわりポイントは、ベルト。ほら、控えめながら鮮やかなブルーがいい感じでしょう?この時計、もともとは金属ベルトでこんな感じ(↓)だったのだが、さすがにこの価格帯の金属ベルトは安っぽく、また折角なら思い切りイメチェンさせてみたかったので、ブルーのベルトに交換してみたのだ。

 確か、このベルトは2,000円程度のマルマン製。たったこれだけの支出で、「自分仕様ウォッチ」の出来上がりである。服を選ぶようにベルトを交換できるというのは、本当に楽しいものだ。(高級時計ともなればベルトだけで数万円とかするので、こう手軽には行かないんだよなぁ・・・。)

「ダイバーズ型に革ベルトかよ」という声も聞こえてきそうではあるが、私の場合水中で使う機会は皆無だし、なにしろブレゲあたりの高級ブランドだって平気で「革ベルトのダイバーズ」を出している。機械式時計なんて所詮は嗜好品。自分の試したい組み合わせで、自由に愉しむのが一番だろう。

(↓)ブレゲ「トランスアトランティック」。この時計でダイビングする猛者など果たしているのだろうか・・・。


 そんなわけで、私は(今のところ)あまりお金をかけずとも、なかなか充実した腕時計ライフを送れている。とくにベルト交換は、いつもの時計が驚くほどの変貌を遂げるので、本当にオススメだ。皆様も「少し飽きたなぁ」という時計があれば、まずベルトを交換してみては。

 しっかし・・・何だかんだでいつか高級時計に手を出しそうで怖いんだよなぁ・・・