終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜 7話 ネタバレ ②【濡れたYシャツを見てしまった羽田野さんは、、、】

こんにちは!

 

 

 

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜7話を読んだネタバレ感想を書いていきます(^-^)ゝ

 

 

 

コミック終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

[ComicFesta]【TL】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。.ver1.2.1

無料立ち読みはバナーをクリック!

 

 

前回のネタバレはこちらからどうぞ!

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜 7話 ネタバレ ①【いつものやり取りでも、嬉しくなっちゃう】

2017.06.23

 

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜7話を読んだネタバレ

 

 

 

みのりがミスをしてしまった仕事の責任を背負ってくれた羽田野さん。

 

 

 

羽田野さんに休日デートに誘われ、オシャレをして待ち合わせに向かったみのりでしたが、、、

 

 

 

実はデートではなく、仕事に必要なものを買いに行く荷物持ちとして呼ばれていただけだったみたいです(>_<)

 

 

 

カフェで休憩をして車に戻ろうとすると、突然の夕立。

 

 

 

びしょ濡れになってしまったみのりと羽田野さんは車の中で着替えをすることに、、、。

 

 

 

「濡れたままだと風邪引くぞ。俺のシャツでも着とけ。」

 

 

 

羽田野さんとみのり。背中合わせになって着替える2人。

 

 

 

この沈黙がドキドキしますね(〃∇〃)

 

 

 

「あー。男ものだから、大きいですかね。なんか、パジャマみたい。」

 

 

 

羽田野の大きめのシャツを着るみのりがすっごくかわいい(*^^*)

 

 

 

「お前、、、ちゃんと体拭いたのか?」

 

 

 

「え、、、?透けて、、、!!!」

 

 

 

シャツが透けて下着が見えてしまっていました(>_<)

 

 

 

顔を真っ赤にして背中を向けるみのりを後ろから抱きしめる羽田野さん。

 

 

 

羽田野さんの太い腕がみのりを優しく包み込む(〃∇〃)

 

 

 

「俺のシャツ着てるの、、、ヤバイな。。。」

 

 

 

「俺の部屋のにおいがする。」

 

 

 

そう言ってみのりを押し倒す羽田野さん。

 

 

 

「は、、、はだの、、さん、、、」

 

 

 

車の中、2人はどうなっちゃうの(>_<)(>_<)(>_<)

 

 

 

コミック終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

[ComicFesta]【TL】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。.ver1.2.1

無料立ち読みはバナーをクリック!

 

 

 

『終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜』を読むなら、電子コミックサイトがおすすめです

 

 

 

この漫画は内容がちょっとエッチなので人前で読むのは少し恥ずかしいと思います。

 

 

 

その点、電子コミックならスマホやタブレット・PCで、人の目を気にせず自分の好きな時に好きな場所で読むことが出来ますし。

 

 

 

一度買ったコミックは使用する端末でいつでも読み返すことが出来るので便利です(^-^)ゝ

 

 

 

無料の試し読みページが用意されているのも嬉しいポイントですね。本屋の店員さんの目を気にしたりもせず、ゆっくり立ち読みできちゃいます。

 

 

 

電子コミックは使ったことがない!という人は一度、試してみてはどうでしょう!きっと便利だと思いますよ!

 

 

 

コミック終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜は無料立ち読みが出来ます!!会員登録も不要で、スマホですぐに読めて便利ですよ!

 

 

 

[ComicFesta]【TL】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。.ver1.2.1

無料立ち読みはバナーをクリック!